次期Xperia “XZ3/XZ2s”は質感アップ、薄型化、OLED搭載、ただしバッテリー容量は減少

ソニーモバイルが3日後、30日にIFAで正式リリース発表をする新型フラッグシップXperia

機種名はまだ不明ですが、Xperia XZ3あるいはXperia XZ2s、XZ2 Plus、XZ2 ProなどといったXperia XZ2の派生機種という位置づけになるという情報、もしくはまったく異なる新シリーズ名が付けられるという噂も挙がっています。

そんな次期Xperiaですが、これについてWeibo上のZackbucks氏よりスペック・外観についての新情報がリークされていました。

これによると次期XperiはOLEDディスプレイ搭載で薄型化、特にフレーム部分の質感が”非常”良いとのこと。ただ、バッテリー容量についてはXZ2よりも小さくなるとのことです。

OLEDディスプレイの搭載、XZ2よりも薄型化、そしてバッテリー容量が小さくなるという点については今までの他ソースからの情報を確認するものなので特に目新しい情報ではありません。

特にバッテリー容量については先日この次期Xperia向けのものと思われるバッテリーがブラジルの認証機関を通過。これによると、この通称XZ3のバッテリーは3060mAhとのことで、XZ2よりも120mAh少量化、とうことに。

ただ、”質感”についての情報は今回が初めてで、少なくとも側面フレームの素材が変わる可能性がありそうです。