6.1インチの廉価版iPhone 9は2年落ちのA10チップ採用、iPhone 7に搭載

9月12日に正式発表される可能性が高まっている2018年版の新型iPhone

今の所の情報では2モデルのOLED搭載のハイエンドiPhoneと1モデルのLCD搭載の廉価版iPhoneがリリースされると言われています。

そして今回、この2018年版の廉価版iPhoneの一部スペックについて興味深い新情報がでてきました。

GSMArenaが伝えたもので、この廉価版iPhoneはモデル名は”iPhone 9.7″となり、ディスプレイは6.1インチのLCD。

さらにCPUにはアップルのA10チップが採用されるとのこと。

A10チップと言えば2年前のモデル、iPhone 7およびiPhone 7 Plusに搭載されていたチップです。

いままでの情報ではこの廉価版iPhone 9ではiPhone 8/8 Plusに搭載されているA11が採用されてると言われていたのですが、2年前のチップを搭載というのはかなり意外。

以前よりこの廉価版iPhoneは2016年のiPhone SEの後継機的な位置づけになるとは言われていました。

ただ、このiPhone SEですら搭載していたチップはその半年ほど前にリリースされたiPhone 6sのものでした。

うーん、価格をiPhone 7なみに抑えてくれるのであればまだ納得が行きますが、そうでないのならかなりマーケットを限定したモデルとなりそうです。