Huawei Mate 20の一部スペックが判明、4300mAhバッテリー、6.3インチOLEDディスプレイ

ファーウェイが秋頃、早ければひょっとするとIFAで発表する可能もある次期フラッグシップモデル、Huawei Mate 20

この最新ファーウェイ機種の一部スペックがXDAより独占情報としてリークされていました。

これによると、Huawei Mate 20のディスプレイは6.3インチのOLEDディスプレイを搭載

前モデルのMate 10が5.9インチだったので、これよりも画面は一回り大きくなる感じですね。

また、Mate 10→Mate 20でそれほどボディーサイズが変わるとは考えにくいので、画面が大きくなる=上下ベゼルが狭くなる、ということになります。

そうなると、指紋認証センサーは背面あるいはスクリーン埋込式の可能性が高そう。

ただ、現時点でノッチ(切り欠き)の有無は不明とのことです。

CPUは期待通りのKirin 980で、バッテリー容量はなんと4300mAh

Kirin 980はKirin 970よりもパフォーマンスは20%アップで更に40%の省電力とのことなので、バッテリ容量↑&バッテリー消費↓で理屈的にはかなりバッテリー持ちの良い機種となりそうですね。

なお、Mate 20 ProMate 20 Liteについての情報はまだ殆どないそうですが、Mate 20 Proの画面は6.9インチになるとのこと。

ちなみにMate 20およびMate 20 Liteの型番は:

Mate 20
HMA-AL00
HMA-L09
HMA-L29
HMA-TL00

Mate 20 Lite

SNE-AL00
SNE-AL00B
SNE-LX1
SNE-LX2
SNE-LX3
SNE-TL00

なお、Mate 20 Liteについては現時点ではKirin 710が搭載となる可能性が高いとのことです。

ソース