Xperia XZ3の一部スペック、カメラは16MP+12MPとXZ2 Premiumからは画素数ダウンか

先日、H8416の存在が確認された次期Xperia、”Xperia XZ3”。

一部ではXZ3ではなくXZ2s的な存在のXZ2からのマイナーアップグレード機種になるとの情報もありますが、少なくとも国内ではドコモ、au、ソフトバンクの秋冬モデルとしてリリースされることはほぼ確実。

そんな新型Xperiaのカメラ周りおよびその他の一部スペック情報がリークされていました。

これによるとXperia XZ3のメモリは6GB RAM、ストレージ容量は64/128GBになるとのこと。

事実ならばXperia史上初めての128GBストレージ搭載、ということになります。

メインカメラは16MP+12MPのデュアルカメラですが、これは19MP+12MPのXperia XZ2 Premiumからはピクセル数がダウンしています。

一方、フロントカメラについては13MPとXZ2Pと同じ仕様に。
これは先日のフロントカメラもデュアルレンズ搭載、というXperia XZ3についての情報とは矛盾しますが、ひょっとするとここで掲載されたカメラモジュールの画像は次期Xperiaではなく、それ以降のモデル(XZ4など)向けのもの、という可能性もあります。

なお、XZ2Pより少ないピクセル数ですが、同じセンサーならば画素数が下がる=ピクセルサイズが大きくなる、ということなので一般的には暗所撮影に強いカメラ仕様とも言えます。

よって、これはスペックダウンとは言えませんが、すでに暗所撮影でかなり高い前評判のXperia XZ2 Premiumにも増して”明るいレンズ”ということでしょうか。