iOS 11.4アプデ後のiPhoneでバッテリー異常消費が大量発生、原因はWiFi、対処法あり

先月末にリリースされた最新iOSバージョン、iOS 11.4

リリース直後はこれといった目立った不具合報告はなかったのですが、ここに来て、電池の減りが異常に早い、というバッテリー異常消費の報告がiPhoneユーザーより大量にでているようです。

これらはほんの一部で海外でも同様の報告が大量にでています。

また、基本的にはiPhone全般に発生している症状のようですが、どちらかというとiPhone 6やiPhone 6sなど比較的古い機種での発生報告が多い、という印象。

発生環境としては特に夜間などスリープ状態での電池の減りが激しく、一晩で数十%も残量が減る、といった報告もあります。

一方、海外のアップル公式フォーラムではある程度原因の特定も進んでいるようで、どうやらこのiOS 11.4起因のバッテリー異常消費はWiFi接続中のみに発生し、また、5GHz帯での接続で特に顕著、とのこと。

よって、今の所の応急対処法としてはスリープ中はWiFiをオフに、あるいは2.4GHzでWiFi通信をする、ということになります。

iOSのアップデート後はほぼ毎回と言って良いくらいバッテリー消費が~、という報告が散見されるのは事実ですが、今回はちょっと報告数や発生範囲が異常といった印象を受けます。

また、こういったアプデ直後のバッテリー異常消費報告は日が経つにつれて沈静化するのですが、今回はむしろアプデ提供から2週間立って状況が悪化しているという感じ。

ただ、今回も発生トリガーがWiFi使用時、とほぼ特定されているようなので、次回アップデート(11.4.1)での改善に期待するとしましょう。

コメント

  1. もののけ より:

    アップデートして三日間くらいは使っていない間にアホみたいに減ったましたね
    バッテリーの使用状況を見たら、メールがダントツで消費してました
    一度再起動しても変わらず、そのうち情報が出てくるかなーって思い何もしなかったんですが、勝手に直っちゃいましたね
    ちなみに自宅のWiFiは2.4GHzを無効にしてあって5GHzしか使ってないです

  2. ぴに より:

    2.4でアプデしたんですが、2.4の減りが異様です。
    5接続はは、ノートが非対応で使えなくなるので試していません。