iPhone X Plusはトリプルカメラ搭載の模様、6.5インチモデルのスケマティックがリーク。

2018年版のiPhoneの一つ、6.5インチ版の通称”iPhone X Plus”。

この未発表iPhoneのスケマティック(概略図)とされるものがリークされていました。

縦横のサイズは157.2mm x 77.1m。

5.5インチのiPhone 8 Plusが158.4 x 78.1 mmなので、この”iPhone X Plus”は1インチも画面サイズが大きいのにもかかわらず、サイズは若干小さくなっています。

また、バックパネルには大きな丸が3つあり、パット見ではトリプルカメラを搭載の模様。
(ただ、真ん中のものはフラッシュでは?というご指摘も頂いています。)

一方、以下は廉価版iPhoneとされるモデルの概略図。

これはおそらく先日ほぼ公式なレンダリング画像がリークされた6.1インチモデルのものだと思われます。

ちなみに今回の情報は大手のケースメーカーから入手したものとのことです。

ソース

コメント

  1. スマホスキー より:

    申し訳ないけれど、どこに3つカメラがありますか?
    真ん中はLEDライトと思いますが・・・

  2. Kmr より:

    デュアルカメラ+フラッシュでは…?