iPhone SE2のほぼ公式レンダリング画像がリーク、サイズは初代SEと同じ、画面サイズは5インチに

アップルが今月中にリリース発表すると言われている新型iPhone、iPhone SE2。

2年前のiPhone SEの後継機という位置づけのこの廉価版iPhoneの”ほぼ公式”と思われるレンダリング画像がリークされていました。

指紋認証センサーが見当たらないことから、おそらくiPhone Xと同じFace ID (顔認証)を採用している模様。

背面の感じは初代SEと非常に良く似ていますが、厚みがちょっと増しているように見えます。

また、3.5mmのイヤフォンジャックも廃止されている模様。

さらにベゼルも初代よりもかなり細くなっており、最後の画像をよく見るとディスプレイ上部にノッチがあるのが分かります。

画像は情報の信頼性では定評のある@OnLeaksとTigermobile.comが共同で作成したもの。

なお、このiPhone SE2のサイズは初代SEとまったく同じで、123.8 x 58.6 x 7.6 mmとのこと。

ただ、ベゼルが狭くなっている分、画面サイズは4.0→4.7~5.0インチ程度へと拡大しているようです。

このiPhone 5sのデザインを踏襲したこのiPhone SE2。やはり個人的にはiPhoneの一つの完成形として良くできていると感じます。

ドコモ2018年夏モデルの発表会は前倒し、早ければ来週に開催の模様

コメント

  1. コルマ より:

    画面サイズは4.7インチ→5.0インチ
    は、
    画面サイズは4.0インチ→4.xインチ
    の間違いですか?

  2. アホ より:

    ほぼ公式ってなんだよ!
    ほぼが付く時点で公式ではないだろ!