ドコモ夏モデルのXperia XZ2 SO-03Kはやはり6GB RAM搭載の模様、ベンチマークのスクショが発見

ドコモの2018年夏モデルとしてリリース予定のXperia XZ2 SO-03K。

このドコモ版XZ2のものと思われる機種のベンチマーク・スクリーンショットが発見されました。

“Xperia”とは表記されていませんが、”PF22”はXperia XZ2のコード名、そしてSO-03Kはドコモの次期Xperiaの型番であることが分かります。

また、メモリーが5.1GBとなっており、このSO-03Kには6GB RAMが搭載されていることになります。

これはReddit上で繋がっている某海外ユーザーがimgurで発見したとして教えてくれたもの。

ご存知のようにXperia XZ2は一部の国・地域では6GB RAM版(H8296)が展開されており、その存在自体は事実。

一方、毎度のことながら元のGFXベンチでのこの情報の確認が取れていないので、スクリーンショット自体がフェイクという可能性は十分にあります。

ただドコモ版のXperia XZ2が6GB RAM搭載版になる、という情報はXZ2の発表直後にもあり、今回で同じ情報がでてきたのは2度目ということになります。

ちなみにスクリーンサイズは公式スペックの5.7インチではなく、5.6インチとなっていますが、GFXでは0.1インチ程度サイズがずれることは良くあるのでこれは気にしなくてよいでしょう。