honor 10には複数バージョン、1モデルはやはり画面埋込み式指紋センサー搭載

本日中国で正式発表されるHuaweiの新型スマホ、honor 10。

先日公式レンダリング画像がリークされ、これを見る限り切り欠き(ノッチ)+指紋センサーは前面に搭載という仕様であることが明らかになりました。

しかし、公式発表を直前に控えたこのhonor 10で新たな興味深い情報がでてきました。

Roland Quandt氏によるとhonor 10には複数バージョンが存在し、そのうちの1バージョンはスクリーン埋込み式の指紋認証センサー搭載となる、とのこと。

ディスプレイ埋込み式指紋認証センサーを搭載したhonor 10については先日の公式レンダリングよりも前に一度リークされたことがあります。

しかし、その後、指紋センサーを前面搭載した「公式レンダリング」が出現したことから、この時点で、当サイトでは以前のリークの画像はフェイク、という判断をしました。

ところがどっこい、今回またこれを覆す情報が出てきた、ということになります。

しかも今回は情報の信頼性ではピカイチのRoland Quandt氏からの情報。

となると、これ”honor 10”ではなくhonor 10 Proやhonor 10 Plusといった名称でリリースされるかも知れませんね。