Xperia XZ2 Premiumはアップグレード版スナドラ845搭載か?ベンチマークが発見の模様

先日、ソニーの純正アプリ内より初めて機種名が確認されたXperia XZ2の兄弟機種、Xperia XZ2 Premium。

この新型Xperiaは今のところ、4K OLEDディスプレイに40MPのデュアルカメラが搭載される可能性が濃厚となっていますが、CPUについてはタイミング的にXZ2やXZ2 Compactと同じSnapdragon 845が搭載されることが「当たり前」して予想されています。

しかし、XZ2 Premiumに搭載されるチップはXZ2/XZ2 Compactとは”若干”異なる可能性がでてきました。

以下はXDA上に投稿されていた次PF12のものとされるGeekbenchのスクリーンショット、

ソニーやXperiaという記載は一切ありませんが、PF12は次期Xperiaのコード名と言われており、過去にUaprofで発見された4Kスクリーン搭載のH81XXに該当、つまり、次期プレミアムXperiaである可能性が極めて高いと思われます。

スコア自体は他のSDM845搭載機の平均値よりも若干高めといったくらいですが、注目すべきは画像下部。

XZ2やXZ2 Compactの場合、”Identifier”のrevisionは一律で”13″となっていますが、このXZ2 Premiumと思われる機種のものは”15-b”となっています。

さらに興味深いのが“Base Frequency”で、ここでは1.97GHzとなっています。
XZ2やXZ2 Compactはもちろん、Galaxy S9/S9+や他のSD845搭載機種はすべて1.77 GHzなので、この機種に搭載のSnapdragon 845は他の物よりもクロックスピードが速い、つまりクロックアップされている可能性があります。

ちなみに2世代前のSnapdragon 820にはSnapdragon 821という若干820よりもクロックスピードがアップされたアップグレードバージョンが存在しました。

よって、かなり可能性は低いですが、ひょっとするとこのSDM845にもアップグレード版、SDM846?が存在し、これがXperia XZ2 Premiumに搭載という可能性もゼロではないかもしれません。

ただこのスクリーンショット、該当するものがGeekbenchでは見当たりません。

よって現時点ではフェイクである可能性も高いことは予めご了承ください。

Xperia XZ2 Premiumはドコモ版SO-05Kとau版SOV38が存在、夏モデルとしてリリース