アップル、2020年に”折りたたみ式”iPhoneをリリースか、タブレット並の画面サイズに

iPhone 8、8 Plus、Xの売上がイマイチと言われている最近のiPhone。

デザインのマンネリ化などが一因とも言われていますが、アップルがこの状況を打破する可能性のある新しいiPhoneを開発しているようです。

米大手銀行、バンク・オブ・アメリカのアナリストWamsi Mohanによると、アップルは現在、2020年のリリースを目標に”アジアのパートナー”と折りたたみ式のiPhoneを開発しているとのこと。

また、この折りたたみ式iPhoneは開くとタブレット端末くらいの大きさになるとのことです。

つまり、イメージとしては折りたたんだ状態でのサイズは現在のiPhoneとそれほど変わらず、開くとiPadくらいのサイズになる、ということではないかと思います。

折りたたみ式スマホと言えば、最近ではZTEのAXON Mが思い浮かびますが、これはあくまで2画面が独立したフォーダブル・スマホです。

一方、アップルが今さら2画面スマホをリリースするとも考えにくいので、ここでいう折りたたみ式iPhoneとは、やはり1画面のものではないでしょうか。

いずれにせよ2020年といえばまだ2年も先なので、その前にiPhone 8/Xの後継機が2回リリースされ、その後のモデル、ということになります。

また、曲げることが可能なフレキシブルディスプレイはかなり進化しているようなので、ひょっとすると2020年を待たずに他のOEMが同様のAndroidスマホをリリース、ということもあるかも知れませんね。

ソース