LG、次期モデルでマイクロLEDディスプレイを搭載か、スマートフォン向けXµLED、SµLED、XLµLEDの商標取得

新型フラッグシップモデル、”LG 7”のリリースが近いと言われているLG。

このLG製の次期、あるいは将来のモデルに新しいタイプのディスプレイが採用される可能性がでてきました。

GSMArenaが伝えたもの。

これによるとLGは先日、XLuLED、SuLED、XuLEDという3つの商標を登録申請し、これは同社のmicroLEDの別名である可能性が高いとのこと。

また、2枚めの画像からわかるように、このXLuLED、SuLED、XuLEDはスマートフォン向けにも開発されています。

マイクロLEDディスプレイは、簡単に言うと目に見えないほど小さなLEDが画面上にびっしりと敷き詰められたディスプレイ、といったところでメリットとしては液晶や有機ELよりも遥かに高いコントラスト、最大輝度、そして消費電力の低さが挙げられます。

ちなみにマイクロLEDは一部のテレビなどにはすでに採用されていますが、スマートフォンではまだ搭載している機種はありません。

以前、ファーウェイがスマートフォン向けの”ミニLED”ディスプレイを台湾メーカーに発注したという件についてお伝えしたことがあります。

ただ、このminiLEDはいわばmicroLEDの廉価版?でクオリティーという意味ではマイクロLEDにはかなわないようです。

LGは最近ようやくスマホ向け有機ELに本腰を入れたと聞きますが、すでに次世代ディスプレイの開発も並行して進めている、ということのようですね。

ソース

コメント

  1. 中川雄介 より:

    LG 7じゃなくてG7です