2018年版のiPhoneは6.5インチのOLED、6.1インチのLCDモデルもリリース

201711132103

2018年版のiPhone。

名称からしてiPhone 9シリーズになるのか、それとも全く違うネーミングになるのか、まだまだ不明な点ばかりですが、この来年のiPhoneラインナップについて興味深い情報がでてきました。

iPhone関連の予想、リーク情報では定評のあるKGI Securitiesが明らかにしたもので、これによると2018年にアップルは5.8インチのiPhone Xの後継機に加えて、6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデル(iPhone Xの”Plus”サイズ)と6.1インチのLCDモデルをリリースするとのこと。

それぞれが2018年のどの時期にリリースされるかは不明ですが、少なくとも3モデルは発売されるということになります。

これに加えて4.7インチや5.5インチのiPhone 8/iPhone 8 Plusまでのサイズのモデルを出すとは思えないので、2018年版iPhoneは完全にスクリーンサイズのパターンを変更するということになりそうですね。