Xperia XZ1とXZ Premiumのベンチスコア比較、最大の違いは安定性か

201709151534

国内版はドコモ、au、ソフトバンクからそれぞれ秋冬モデルのSO-01K、SOV36、701SOとしてリリースされることが確定しているXperia XZ1。

昨日15日に台湾などで先行発売されたXperia XZ1され、製品版と思われるベンチマーク測定結果データもかなり増えてきました。

というわけで、今回はこのXperia XZ1とXperia XZ PremiumのGeekbenchにおけるベンチマーク比較をしてみました。

シングルコア平均値シングルコア標準偏差マルチコア平均値
マルチコア標準偏差
Xperia XZ11,824686,224377
Xperia XZ Premium1,8771846,212464

いずれも期近の測定結果50回分の平均値をとったもの。

ご存知のようにXZ1もXZ Premiumも搭載チップは同じSnapdragon 835。

シングルコアではXperia XZ Premiumが、マルチコアではXperia XZ1が若干勝っていますが、いずれも僅差なので誤差の範囲といってよいでしょう。

ただ、両者の間で大きく差が出ているのは標準偏差。

標準偏差とは簡単に言うと平均値からの離れ具合を示すもの。いわば、測定毎にどれくらいスコアにバラつきが出るのか、という評価値です。

よって、標準偏差が大きい=環境によってパフォーマンスの上下が激しい、とも言え、逆の場合は安定した性能がでるとも言えます。

ご覧のようにXZ1のシングルコアの標準偏差は68、一方のXZ Premiumのものは184と3倍近くになっています。

マルチコアはシングルコアほどではありませんが、それでも1~2割ほど標準偏差に違いがあります。

つまり、Xperia XZ1とXperia XZ Premiumでは両者の間に処理速度という点では差はないものの、安定性という点ではXZ1の方が勝っている可能性が高い、ということになりますね。

コメント

  1. shin より:

    まあホント、無理して Premium を買わなかったのは正解。
    販売してくれなくてありがとう、au。