Xperia Z5やXP、XZなどで突然のメモリ、バッテリー異常消費、カクつき、強制終了などが発生、対処法あり(Googleアシスタント&フィード編)

201707121054

ここ最近(数週間)、複数のXperiaユーザーより突然端末の動作が重くなった、カクつくようになった、バッテリーを異常消費するといった報告を頻繁に見かけます。

また、メモリの使用量をみるとAndroid OSなどが異常な量のメモリを消費しているという報告も見かけます。

これらの問題、特にXperia Z5、Z5 Premium、Z5 Compactのユーザーからの報告が多いという印象がありますが、Xperia XZやXperia X Compact、Xperia X Performanceでも発生している模様。

また、様々なアプリが強制終了したり、知らない間に勝手に端末が再起動をするという一昔前のスマホでよく見られた不具合に遭遇している方も多いようです。

スマホの代表的な不具合がまとめて発生しているようなこの一連の問題、タイミング的にAndroid 7.0アップデートが原因?とも思ったのですが、ちょっと調べてみた所数週間前のGoogleアプリのアップデートにより日本語での利用が可能になったGoogleアシスタントとフィードが関連しているようです。

よって、とりあえずはこれらをオフにすることで症状はかなり改善されるはず。

Xperiaで大量発生中の突然動作がもたつく、バッテリー消費が激しい、メモリ異常使用の改善方法:

Googleアシスタントをオフ(無効化)する

・アプリ一覧からGoogleアプリを選択

・画面左上のメニュー(横線3つ)→「設定」→「Googleアシスタント」欄の「設定」

・「スマートフォン」→「Googleアシスタント」のトグルをオフに

フィードをオフにする

・アプリ一覧からGoogleアプリを選択

・画面左上のメニュー(横線3つ)→「設定」→「検索」欄の「フィード」

・「フィード」のトグルをオフにする

Googleアシスタントが使えない場合

ちなみに本件との関連性は不明ですが、使えるはずのGoogleアシスタントが「現在のところ、Googleアシスタントは日本語に対応していません。」という表記がされて使用できない、という報告をチラホラと見かけます。

これ、私のZenfoneでも同じ症状がでていました(Xperiaではすべて最初からアシスタントをオフにしていたので不明)が、以下の方法で改善:

・Googleアプリが閉じていることを確認

・「設定」→「アプリ」→「Google(アプリ)」→右上のメニュー→アップデートのインストール

・Google Playストア→左上メニュー→「マイアプリ&ゲーム」

・アップデート可能なアプリ一覧に「Google」アプリが表示されるのでアップデート

・再度Googleアプリを開く

あくまで勘ですが、ひょっとするとXperiaシリーズで発生している問題の原因もひょっとすると、この「使えるはずのGoogleアシスタントが使えない状態」が原因なのかもしれません。

よって、Googleアシスタントやフィードをオンにしていることが問題、というよりもGoogleアプリのアップデートの際に発生した何らかのグリッチが原因である可能性もあります。

これについては、再度Googleアシスタントおよびフィードをオンにした上で様子見をしてみたいと思います。

ちなみにこの問題、不思議とXperia XZsやXperia XZ Premiumのユーザーからの報告は少ないので、ひょっとするとAndroid 7.1.1では解決済なのかもしれません。

関連記事:Xperiaで大量発生中のアプリ落ち、メモリ逼迫、バッテリー異常消費、発熱の原因はMovie CreatorとFacebookかも

コメント

  1. TS より:

    XZの海外版を使っています。発熱、バッテリー減少、アプリの強制停止で困っていましたが、フィードが原因だった模様で、劇的に改善しました。フィード、サービスとしては気に入っていたのですが、残念です。情報ありがとうございます(念のため、movier creatorも自動作成をとめました)。