ポケモンGoアップデート、不具合対策で機能自体を消す「荒療治」。足跡機能とバッテリーセーバーを排除

201607312024

先日リリースされたポケモンGoのアップデート。

地図が消える問題など、いくつかのバグが修正されている一方で、一部の不具合・バグに対してはかなりの「荒療治」を行ったようです。

ご存知のように、アップデート前のポケモンGoではバッテリーセーバー使用時の画面復帰でアプリがフリーズ・反応しなくなるという問題と、ポケモンまでの距離を示す足跡が3以下に減らないというバグが報告されていました。

この2つの不具合は最も発生頻度が高く、範囲も広いものですが、今回のアップデートで修正がされると思いきや、なんと足跡機能およびバッテリーセーバー機能自体が削除されてしまいました。

うーん、大胆というかなんというか。

おそらく次回アップデートまでの応急対処策であるとは思いますが(というか、そうでないと流石にマズいと思います)、どちらも重要な機能なのでできるだけ早い復帰を望みたいところです。

コメント

  1. ちょめ より:

    バッテリーセーバーの削除は機種によるみたいです。
    GALAXY S7 edgeは設定が残っています。
    iPhoneは一律削除されたとか聞きましたが…