ポケモンGo、歩いているのに「速度制限」でプレイできない報告多数。アプデ後にGPSバグが原因?

201608102155

ポケモンGoの先日の最新アップデート後に実装された「速度制限」機能。

車の運転中など、一定速度以上での移動を感知すると「移動速度が早いためプレイを制限しています」というメッセージとともにプレイができなくなるというもの。

この機能、自分が運転手でなくとも、バスや電車での移動中に作動するので「邪魔」という声も多数挙がっていますが、まあ、これ自体は自己を防止するという意味で必要な機能だとは思います。

ただ、その一方で、高速で移動していない時、つまり、徒歩で移動している最中でもこの速度制限がかかるという報告が相次いでいます。

https://twitter.com/orioriwo_1997/status/763549862121975808

実際にこの「速度制限」がかかるのは15Km/h程度と言われていますが、徒歩だと早足でもせいぜい時速7~8キロ程度。

これはおそらくGPSのバグ、あるいは不正確な位置情報によって瞬間的に場所が移動しているように認識されるのが原因だと思われます。

よって、必ずしもアプリ側の不具合とは言い切れませんが、アプリのほうで「高速移動中」の判定基準を調整することは可能だと思われます。

ちなみに高速移動中でも「私は運転手ではありません」ボタンを押せばプレイを続行可能なので致命的というほどの不具合ではありませんが、頻繁にでるとかなりプレイに支障がでるようです。