ポケモンGo、バッテリセーバーからの復帰でフリーズ・タッチ無反応の際の改善・対処法

201607242125

先日、ようやく日本でも提供されたゲーム・アプリ「ポケモンGo」。

このアプリには「バッテリーセーバー」という省エネモード設定が搭載されており、これをオンにしておくと端末を逆さまにすることで画面が消灯します。

この機能、電池消費を抑えるのにはかなり有効なようですが、一部でこれによる不具合も発生しているようです。

ポケモンGo バッテリセーバーからのフリーズ・タッチ無反応不具合の症状:

・「バッテリーセーバー」を有効にする

・端末を逆さまにして画面をオフ状態に

・数分後、端末を元の方向にして画面をオンに

・タッチ・ディスプレイが反応せず、フリーズする

・アプリを強制終了&再起動すると、終了前に見つけたモンスターが消えて取り逃すケースも

この問題、国内外で複数の報告があがっており、かなり発生範囲は広い模様。

この不具合、アプリや端末を再起動して「バッテリセーバー」をオフにすればもちろん症状はでませんが、当然これだとバッテリー消費が激しくなります。

そこで、「バッテリセーバー」を使いながらもこのフリーズ問題を回避できる対処法も2つほど見つかっており:

ポケモンGoでバッテリーセーバーからフリーズする場合の直し方・対処法

対処法1:

・バッテリーセーバーから画面が点灯した際に、5~10秒程度画面をタッチしないで放置

対処法2:

・iPhoneの場合、端末の向きを戻す直前、あるいは戻しながらホームボタンを押す

これにより、とりあえずタッチ無反応、あるいはフリーズは回避できるようです。

でただ、これらはいずれも応急処置的な対処法でしかありません。

よって、根本的な問題改善にはアプリのアップデートを待つ必要がありそうです。