Pixel 3にミッドレンジモデル追加、SDM710搭載で来年前半にリリース

早ければ8月中にリリースされると言われている2018年版Pixel、Pixel 3シリーズ。

先日、一部外観や生産担当がFoxconnになる、という件についてお伝えしましたが、これに関連して興味深い新情報がでてきました。

これによると、Googleは現在、クアルコムの最新ミッドハイレンジ向けチップ、Snapdragon 710を搭載したスマートフォンを開発中で、2019年の前半にリリースする予定、とのこと。

そしてこのモデルは次期Pixelシリーズのミッドレンジ版としてリリースされる可能性があるとのことです。

Pixelシリーズは初代より無印もXLもそれぞれの次期の最もハイエンドなCPUを搭載してきました。

一方、PixelはNexusシリーズ時代と比べてハイスペックになった分、価格も大きくアップ。

以前のようなリーズナブルなGoogle純正モデルを要望する声も少なくありませんでした。

ただ、リリースは来年とのことなので、これがPixel 3シリーズの1つとしてリリースされるのか、それともPixel 4?シリーズとしてリリースされるのかは不明。

ひょっとするとPixelという名称さえ使われない可能性もあります。

いずれにせよ、Android Oneより上のスペックでPixelよりは低価格、というGoogleスマホはかなり需要はあると思われます。

続報に期待しましょう。