Google Pixel、日本発売の可能性が一歩後退か。Googleアシスタントの記述が変更

Googleの最新スマートフォン、PIxelおよびPixel XL。

先日、Pixelロゴが日本の特許庁に商法登録の出願がされ、国内での発売が一気に高まったとお伝えしましたが、今度は逆にちょっと意気消沈してしまう情報が浮上しました。

以下はGoogle Pixelの海外版を購入したユーザーが日本語環境でGoogle Assistantの設定欄を開いたスクリーンショット。

201610291856

これを見る限り、少なくともGoogleはGoogleアシスタントの日本語版リリースをする予定があることは明らか。

ところが、この後にこの記述が以下のように変更されていることが判明。

201610291856

ちなみにこれは2ちゃんねるのユーザーさんが発見したもので、両者がそれぞれいつの時点のものなのかまでは不明ですが、下のものの方が最新であることは間違いなさそうです。

もちろん、Googleアシスタンスが日本語版でリリースされる=Pixelが日本で発売、ということにはなりません。

また、これは当然逆も然り。Google アシスタントはPixelの一機能に過ぎず、日本語版抜きでリリースされる可能性も皆無ではないと思います。

ただ、Pixelはリリース・イベントを見る限りGoogle Assistantを全面に打ち出した最初のモデルでもあり、この機能なしに発売をする可能性は極めて低いと思います。

うーん、商標登録申請で国内発売に一歩前進したと思われたPixelの日本発売、今回は逆に一歩後退といったところでしょうか。