S810などのオクタコアCPUは「意味が無い」、「マーケティング目的」。S820発表イベント後にオフレコで発言?

201511160859

先日公式発表されたクアルカムの次期チップ、Snapdragon 820。

Xperia Z6を始めとする来年リリースの複数フラッグシップモデルに採用されることはほぼ確実ですが、このSoC、8コア搭載が当たり前となりつつある流れの中で、あえてコア数を4コアに減らしたという点が一つの特徴となっています。

そして、この最新チップ発表イベント後に、同社の8コアに関する考え方についてなかなか興味深い「裏話」があったようです。

phoneArenaが伝えたもの。

これによると、S820発表イベント後の非公式雑談会の中で、クアルコム関係者が8コアCPUについて「マーケティング目的で意味が無い」という趣旨の発言をしたとのこと。

また、S810への8コア搭載についても「やりたかったわけではなく、やらなければならなかった」とのコメントをしたようです。

つまり、記事内容のニュアンスをまとめると、S810に搭載したオクタコアには性能面での意味がなく、チップ業界全体の流れと「ユーザーへの聞こえが良かったから」、という受け取り方もできます。

一方、同社は今後もローエンド向けのCPUチップとしてオクタコアCPUは作り続けるが、これはあくまで「マーケティング目的」とのこと。

また、オクタコアの搭載は、モデムのパフォーマンスなどにハンディキャップすら与える可能性があり、結果的にスマホのパフォーマンスで重要なモデムのストリームカウント(並行してできるLTE通信の数)にも影響を与えるとのことです。

これ、オフレコの席での会話とのことなので、もちろんクアルコムの「正式見解」ではありません。

ただ、本当にクアルコムの関係者がS810のオクタコアを機能面で「意味なし」と考えているとしたら、S810搭載機のユーザーだけでなく、発熱騒ぎで批判されたいくつかのメーカーも怒りも買いそうですね。

特に、Xperia Z5シリーズで2本のヒートパイプを搭載し必死に「発熱対策」を行ったソニーモバイルの開発部などは、なんともやり切れない気持ちになりそうです。

まあ、誰がどういったというのは別にしても、同社が次期チップS820で4コアにしたということは紛れも無い事実。

ある意味これが全てを物語っているような気もしますね。