Nexus 6Pに軽い力で「裂ける」急所が存在か。iPhone 6 Plusよりも曲がりやすく、強度問題はかなり深刻かも。

201511031958

先日、Nexus 6Pの強度に問題があるという可能性にお伝えしました

Youtube上に投稿されていた動画で、Nexus 6Pがいとも簡単に折れ曲がってしまうシーンが映されており、国内外であまりの脆さにかなり衝撃を受けたユーザーも多いようですね。

ただこのベンドテスト、スクラッチテストでついた傷やライターで炙るという意味不明な「火炎テスト」の直後だったため、これらの過酷なテストの結果、すでに端末が脆く、曲がりやすい状態になっていたのでは?という疑惑が浮上していました。

そして今回、そんな指摘の声に反論するように、同じJerryRigEverythingというレビューサイトが今度は開封したての端末を折り曲げる模様を撮影していました。

上が前回のポキっと折れた瞬間の画像、下が今回全くの無傷のNeuxs 6Pが折れた瞬間の画像です。

201511031952

201511031950

ご覧のように、全く同じ位置が折れ曲がったというよりも、アルミフレームが「裂けている」のがわかります

レビューアーいわく、この部分はちょうど電源ボタン付近で、内部ではマザーボードとバッテリーの隙間部分にあたるとのこと。

そのため、この部位を軸に外圧が加わるといとも簡単に曲がってしまう、ということのようです。

iPhone 6 Plusであった「Bendgate」でも同じような強度問題が指摘されていましたが、今回のNexus 6Pはそれよりもさらに弱い力で曲がっているように見ます。

また、iPhone 6 Plusと違い、ある一線を超えると完全に「ポッキリ」と逝ってしまっている点も特徴。

うーん、これだとポケットどころか、カバン等に他のものと一緒に入れておくだけでもあたりどころが悪いと簡単に折れ曲がる、なんてこともありそうです。

心配な方は固めのバンパーやケースを使った方が良いかもしれません。