Nexus 6Pのケース選びはAFセンサーの位置に要注意。多くがセンサーをブロックする恐れあり

201510011539

先日公式に発表された「Nexus 6P」。

端末の裏面上部が横全体に出っぱったちょっとユニークなデザインとなっています。

ただこのNexus 6P、ケースの購入にはちょっとした注意が必要なようです。

Android Policeが伝えたもの。

これによるとAmazonなど多くのオンラインストアで販売が開始されたNexus 6P向けのケースが端末のレーザーオートフォーカスのセンサーをブロックしてしまっている可能性があるとのこと。

以下の画像では、Nexus 6PのLEDフラッシュの右横、通話用スピーカーの左上あたりにレーザーオートフォーカス・センサーが搭載されていることがわかります。

201510011526

例えば、以下のケースはPlayストアで販売されている公式なもの。

LEDフラッシュの右側がかなり余裕をもって開いているので、これならばセンサー部分がブロックされることはありません。

201510011514

しかし、以下の画像のようなケースだと、LED部分が完全にケースに覆われてしまい、センサーが作動しません。

201510011534

たしかにこの機種、カメラ付近が横一体に黒くなっているのでセンサーが見えにくいです。

そのため、多くのケースメーカーもセンサー自体を見逃してしまった可能性が高そうです。

少々割高でもプレイストアで売られているケースを買ったほうが無難かもしれませんね。

コメント

  1. 宮﨑 淳子 より:

    Nexus6p着信時画面が真っ黒で何処を触っても着信が取れないです。