Nexus 5X、3つの非対応・非搭載のガッカリポイント。旧型Nexusとの比較

201509291338

先ほど公式に発表されたNexus 5X。

ほぼ事前リーク通りのスペックで特にサプライズな点はありませんでしたね。

スペック詳細や新型ネクサスの「素晴らしい点」については大手メディアさんがこれからいくらでも取り上げると思うので、当サイトではあえて、このNexus 5Xのマイナス点に注目してみようと思います。

以下がいくつかの海外メディアが指摘しているNexus  5Xのガッカリポイント:

1.ワイヤレス充電非対応

Nexus機種はNexus 4以来、Nexus 5 2013、Nexus 6とワイヤレス充電に対応していましたが、今回のNexus 5Xは非対応。

おそらくUSB Type C採用が関係していると思われます。

もちろん、USB Type-Cにより従来のNexusより大幅に充電時間が短縮できるという点は嬉しいのですが、一度使ってしまうと手放せないのがワイヤレス充電。

これがなくなってしまうというのは痛いですね。

2.光学手ブレ補正なし

光学手ブレ補正機能はNexus 6はもちろんNexus 5 2013、Nexus 6とが搭載されていました。

ミッドレンジスペックの他機種では光学手ブレ補正がない機種が大半なので、そう考えると同じミッドレンジのNexus 5Xに過度な期待をしすぎるのもどうかとは思います。

ただ、同じLGで過去のNexus 5で可能だったことが、なぜ今回は不可能なのか?という点については謎が残ります。

3.microSDカード非対応

Googleは以前よりAndroidのクラウド化を推進している傾向が強く、そのため、外部ストレージの採用に対して消極的でした。

そのため、歴代Nexus機種はmicroSDには対応しておらず、そういった意味では今回のNexus 5Xも「従来通り」です。

ただ、このNexus 5Xに搭載されるAndroid 6.0 MarshmallowからはアプリのSDカードへの移動が可能になることが判明。

これに伴い、Googleが外部ストレージについての対応方針を変更したのでは?という憶測が広がっていました。

ただ、実際に蓋を開けてみると最新ネクサスでもやはりSDカードには非対応、ということで結構ガッカリしているユーザーが多いようですね。

microSDカードに関して言えば私を含む、ユーザーが勝手に想像をふくらませていた部分が大きいので仕方がないかな、という気がします。

ただ、ワイヤレス充電と光学手ブレ補正に関しては旧モデルのNexusで実装されていた機能だけに、それがなくなるというのはやはりガッカリです。

コメント

  1. くろ より:

    qi:は外したらイカンですね
    手ブレはF値やCMOSの性能向上でなんとかなりそうですが現物触ってからかと
    外部メモリは個人的にはもうクラウド型スマホライフなので全く気にならんかな
    nexus5は使い倒すのが正しい姿なんだけどドコモのせいで価格が・・・
    でもこれでY!のnexus5のMNP先ができて一安心です^^