Nexus 5X、全体的には高評価もバッテリー持ちは「今年のスマホで最悪」?

201510200916

Googleの最新Nexusモデル、「Nexus 5X」。

海外では続々と入手したというユーザーが出てきており、国内でも早ければ明日くらいから到着し始めそうですね。

海外で一足先にゲットしたユーザーからの評価を見ている限り、特に目立った不具合などもなく評判は上々、といったところのようですね。

ただ、スマホの重要要素であるバッテリー持ちの評価についてはあまり芳しくないようです。

Digital Trendが行ったレビューでは以下の様なまとめとなっています。

Nexus 5Xの長所:

・指紋認証が素晴らしい
・430ドルという安価(値段の割には高性能、という意味?)

Nexus 5Xの短所:

・バッテリーが一日持たない
・カメラのフォーカスに問題
・プラスチックデザイン(安っぽい)

特に、バッテリー評価については「私達が今年使ったスマホの中で最悪のバッテリー持ち」と酷評しています。

充電スピードについては前触れ通り「非常に早い」と評価している一方で、スクリーンとAndroid OSが大部分のバッテリーを消費しているとのこと。

うーん、これは結構気になりますね。

確かに、こちらのバッテリー持ち比較の結果ではNexus 5Xのバッテリー持ちはイマイチ。

ただ、それは6Pも同様で、バッテリー容量から考えると、6Pの方がむしろ電池持ちが悪い、という印象を受けるのですがどうなんでしょう。

Digital Trendは特にAndroidモデルに関しては結構厳しいレビューをする傾向があるようなので、鵜呑みにはしない方が良いと思いますが、もう少し人柱報告を追う必要がありそうです。