新型Nexus「Sailfish」のデザインはHTC製旧モデルの焼き増し?ベゼルがやたら広い理由が判明か。

handmedown2

昨日リークされた2016年版のHTC製Nexus「Sailfih」。

この画像については海外ユーザーより「やたらと上下ベゼルが広い」との不評を買っており、この点についてはデザイン面でがっかりしているユーザーも多いようです。

そして今回、この2016 Nexusの下部ベゼルが広い理由について判明したようです。

元Android Policeの編集者がGoogle+上で指摘したもので、この「Sailfish」の前面デザインは昨年リリースされたHTC One A9というモデルに前面デザインが酷似。

このHTC One A9の前面下部には指紋認証センサーが搭載されており、この部分のベゼルが広めにとってあります。

要はこの2016年版Nexusのデザインは昨年リリースされたHTC One M9の焼き増しで、不自然に広いSailfishの前面下部ベゼルはHTC One A9の指紋認証センサーの名残、ということですね。

これはもちろん、あくまで憶測の域を出ない仮説でしかありません。

ただ、HTC One A9がリリースされたのが昨年末。

当然この次期には2016年版Nexusの企画は始まっていると思われ、NexusがOEMの現行モデルをベースにするという例は過去にもありました。

そういった意味で、このSailfishのベースモデルがHTC One A9をベースモデルにしていても不自然ではないですね。