最も「安全」なスマホはNexus。メーカーではLG製が安全性トップ、ソニーはサムスン以下

201510151331

自分の使っているスマホのセキュリティー。

スマートフォンユーザーならば個人差こそあれ、脆弱性問題などは気になるもの。

そんなスマートフォンの「安全性」についてなかなか興味深い調査結果が出たようです。

ケンブリッジ大学の研究チームが行ったこのリサーチ、2万以上のアンドロイドモデルを以下の3つの項目で調査。

・次から次へと新たな問題が深刻な脆弱性を抱えていない端末の割合
・メーカーが提供している最新のAndroid OSバージョンを搭載している端末の割合
・未対応の脆弱性の数の中間値

結果、セキュリティー上最も安全なアンドロイドスマートフォンはNexusシリーズ、という結果になったそうです。

ただ、Googleは8月頃に”Stagefright”という脆弱性が表面化したことを受け、月一度のセキュリティーアップデートを行うと宣言しており、この結果はある意味「当たり前」ともいえます。

一方、興味深いのはメーカーごとのスマホ「安全度」。

同記事によると、この調査で最も安全なスマホメーカーとされたのはLG

ランキングにすると

1.LG
2.Motorola
3.Samsung
4.Sony
5.HTC
6.Asus
7.その他
8.Alps
9.Symphony
10.Walton

XperiaのソニーはHTCよりは安全性で上、サムスンには劣るという結果になっています。

一方、国内メーカーでは京セラやシャープはある程度米国でも販売台数があるはずですが、ここでは10位以内にも入っていません。

また、中国の新興メーカー、HuaweiやXiaomi、ZTEなども入っていませんが、単に対象外なのか、ランク外なのかが非常に気になりますね。