Nexus 5X、再起動ループ問題でLGが全額返金を開始。部品在庫なしで事実上の「リコール」か。

201611241846

昨年のNexusスマートフォンの一つ、Nexus 5X。

同モデルでは端末が突然再起動ループに陥り事実上の文鎮化するという症状が多数報告されており、OEMのLGが一部で全額返金という異例の対応を開始した模様です。

Android Policeが伝えたところによると、reddit上には以下の内容のメールを受け取ったユーザーからの報告が複数あるとのこと。

We’re sorry to hear that you’ve experienced a problem with your LGH790 and appreciate you giving us the opportunity to provide a warranty repair. We have received your device at our repair facility but currently a part to complete the repair is out of stock and is no longer available.

To rectify this issue, we would like to offer you a refund for the full amount of your device. That amount will be determined by your sales receipt. Your refund can take approximately 4 weeks to receive due to the holiday.

要は、修理をするのに必要な部品がすでに在庫がないため、購入時に支払った全額を返金します、ということ。

通常の欠陥対応は海外でも購入から一定期間が経っている場合、メーカーの対応は修理あるいは新品・リファービッシュ品と交換というケースがほとんどなので、こういった対応は非常に稀です。

もちろん、今のところの返金対象はこの再起動問題が発生している個体のみだとは思いますが、「修理不能」という時点で事実上のリコールとも言えるかもしれません。

なお、この問題はAndroid 7.0アップデートの提供前後から急に報告が増えていますが、はっきりとした原因は不明。

また、再起動「ループ」ではなく、一応起動はするものの数分でまた勝手に電源が落ちるという症状を繰り返す場合もあるようです。

ただ、LG製スマホでは昨年のフラッグシップ「LG G4」でも再起動ループによる不具合が大量発生しており、国内でのこのLG G4をベースモデルとしたauのisai vivid LGV32で同様の不具合が大量発生。

この問題については当サイトでも過去にお伝えし、コメント欄からも相当発生範囲が広いことが伺えます。

Nexus 5Xも同世代のモデルという点からして、同じ原因に起因しているのかもしれませんね。

コメント

  1. TATIN より:

    1年9カ月で問題発生。この時期に生産された基盤に問題あり。現象は立ち上がり時にループを繰り返しその後シャットダウンする。当方までも影響を受けると思っていなかった。販売店によくよく説明し、修理に出したところ、基盤にサビが発生とのこと。修理費68000円の高額金額を言われ修理せず。この現象は、アンドロイドOSのアップデート後に徐々に起き、最後に完全ダウンする。ネット上にも沢山の記述があり、賢明な諸君は韓国LGのNexus5Xの購入は避けたほうがベスト。 日本以外の国ではリコールされ金額の払い戻しも行われているとのこと。日本人は大変大人しく泣き寝入りする民族なので、この点を利用され、個別対応で逃げている。販売店もこれだけ問題が出ているにもかかわらずこの現象を知らぬ存ぜぬ対応で、全くらちが明かない。なお、Nexus5のほうは今のところ問題は出ていない。Nexus5X使用者は必ずバックアップを取っておくことが大事。