18:9 FHDディスプレイ搭載の未発表Xperia、H44XXの存在が公式確認

ソニーモバイルの新型Xperia、H44XXの存在が同社の公式サイトUaprof上から発見されました。

今回のものは直接ソニーのUaprofサイト上で確認できるものなのでフェイクでないことは確実。
(ただ、今後消される可能性はあると思います。)

このモデルはかなり前にHTML5Test上で型番が見つかっていましたが、ソニーの公式サイト上で存在が確認されたのはこれが初めて。

H4XXという型番からXperia XZ3やXZ3 Proといったフラッグシップモデルでないことは確か。

ここから分かる情報は:

・ミッドレンジ機種(型番から)

・Android 8.0搭載

・2160x1080pの18:9ディスプレイ搭載

・Bluetooth 5.0

18:9ディスプレイ搭載のミッドレンジXperiaとしては初めてのモデル、ということになります。

また、今回見つかったのはH3413、H3423、H4413、H4433H、4493の5型番。

2018年版のミッドレンジ機種の型番パターンからして全て同一機種ですがH34XXはシングルSIMモデル、H44XXはデュアルSIMモデルだと思われます。

気になるのは機種名ですが、順当に考えるとXperia XA2 Plus、という可能性が高そうですが、次世代のXperia XA3シリーズあるいはまったく新しいXperiaシリーズという可能性もありそうです。

一方、Xperia RシリーズやXperia Lといったローエンドは基本HDなので、これらに該当する可能性は低いと思われます。

なお、先程お伝えしましたが、現在のところ3モデルの未発表XperiaがFCC認証を通過しており、8月末のIFAではこの3モデルがすべてリリースされると言われています。

よって、タイミングからするとこのH34XX/H44XXはこれら3モデルのどれか、という可能性が高そうですね。

コメント

  1. 名無し より:

    この間の、十周年記念のXperiaが
    今年でないってやつの
    情報元の中国語訳が間違ってるんですけど

    • 名無しさんへ より:

      Zackbuksさんは、weiboで

      索尼移动今年的智能手机没有采用 4K 分辨率 OLED 显示屏的计划。

      って言ってる。

      Google翻訳かけても、採用する予定はないって出てくるよ?
      ブログ主さん間違ってないと思うんだけど