MWC 2018で発表の新型Xperiaは「エンタメ重視」、まさかの”Xperia Play 2″に?

MWC 2018で新型Xperiaを発表するソニーモバイル。

Xperia XZ2など、フラッグシップが複数発表されると言われていますが、これ以外の次期Xperiaラインナップの1機種について興味深い情報が浮上しました。

台湾メディアのePriceがソニー現地法人のジェネラルマネジャー、林志遠氏の発言を伝えたもの。

これによると2018年のソニーモバイルのはエンターテーメントに重点を置いており、この戦略を反映したXperiaがMWC 2018で発表されるとのこと。

エンターテーメント、特にゲームに特化したXperiaと言えばソニーが2011年の「ソニエリ」時代にリリースしたXperia Playがありますが、この流れを引き継ぐとするとひょっとしてこのMWCで発表の機種はこのXperia Playの後継機、Xperia Play 2(あるいはそれ相当の別機種名)という可能性もありますね。

そう言えば以前、2018年版の新型Xperiaフラッグシップの1モデルは端末上下部分がXperia Playのように弧を描いたデザインになる、という情報がありました。

もちろん、このデザインについての情報が本当であったとしても、これがXperia Play 2あるいはそれ相当の機種になるという具体的な情報は皆無です。

また、ハード的というよりも、単純にXperia XZ2がソフト的にエンターテーメントに重点を置いた機種になるだけ、という可能性も十分あります。

一方、そういえば今年は一部ではソニーの次世代プレステ、プレーステーション5 (PS5)?がリリースされるというかなり信憑性の高い情報もあります。(WSJ)

これに呼応する形で新型Xperiaをリリース、というのはあり得ない話ではないと思います。

ちなみにこの情報は他の台湾メディアでも報じられており、いずれにせよ、 ソニー・インタラクティブエンタテインメントではなく、ソニー”モバイル”がエンターテーメントを重視した何らかの製品をMWC 2018でリリースするという部分は紛れもない公式情報のようです。

続報に期待しましょう。