5インチの新型XperiaがFCCを通過、スクリーン比率79%の細ベゼルでイヤフォンジャックは「あり」

2018年版の新型Xperiaが新たにFCC上で発見されました。

PY7-24118QというFCC IDでスクリーンサイズは5インチ、縦幅は135.4mm、横幅は64.6mmとなっています。

スペックなど、詳しい情報は不明ですが、WiFiがac対応となっていることからミッドレンジ以上は確実だと思われます。

5インチクラスのエクスペリアと言えば、Xperia XやXperia XA1がありますが、これらのサイズはそれぞれ143 x 64mmと145 x 67mm。

よって、この新型5インチXperiaはこれらよりも一回りサイズが小さく、その一方でスクリーンサイズは同じ。

つまり、過去の5インチXperiaよりもかなりベゼルが狭くなっているということになります。

ちなみにちょっと計算してみたとこと、この新型Xperiaのスクリーン対ボディー比率は約79%、一方、Xperiaが約70%、XA1が約71%です。

なお、この新型モデルの立ち位置ですが、Xシリーズはすでに廃止されているはずですし、XA1の後継機XA2はすでに発表済み。

一方、コンパクトシリーズしてはちょっと大きすぎるので従来のシリーズには属さない新シリーズのモデルである可能性が高そうです。

同じFCC上では先日、5.7インチの次期フラッグシップ(Xperia XZ1 Premium/Pro?)と思われるXperiaが発見されており、このモデルではSIM/microSDカードスロットの位置が上部に移動し、別の資料からも3.5mmのイヤフォンジャックが廃止されていることが確認されています。

一方、この5インチモデルではSIM/microSDカードスロットの位置は従来のXperiaと同じ

また、ざっと見た感じ、5.7インチモデルのようなUSB端子に接続するイヤフォンジャック・アダプターの記述もありません。

よって、今のところ今回のモデルに関してはイヤフォンジャックは従来通り維持、といった感じになりそうです。

新型Xperiaの実機画像が初発見、狭ベゼルで5インチ18:9スクリーンを搭載。Xperia XZ2 Compactか?

コメント

  1. Xperia より:

    Xperia Xの横幅が間違ってます「69mm」。それとiPhone4.7インチの縦幅が138mmなので、この新Xperiaは135mmことから小さめです。因みにXZ1 Compactが129mmなので、この新XperiaはiPhoneとXZ1 Compactの中間ぐらいの縦幅ですかね。今年の新XZ1Pro Compact?が見ものです。

  2. XperiaXZ より:

    ストラップホール復活?!