スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Google Playストア内の複数アプリでなぜかWIndows向けマルウェアが仕込まれていることが判明

   


201703021049

もぐらたたきのように次から次へと出てくるAndroid向けアプリに仕込まれたマルウェア。

しかし、今回はちょっと変わった意味不明なマルウェアが発見されたようです。

Palo Alto Networksというネットワークセキュリティー会社が発見したもので、これによるとGoogle Playストアで提供されている132個のアプリにWindows向けのマルウェアが仕込まれていることが判明したとのこと。

Windows向けのマルウェアをAndroid OSに仕込んでも当然動作はせず、意味はありません。


ただ、これは`プリの開発者が意図的に行ったものではなく、むしろ開発者自身が「被害者」である可能性が高いとのこと。

要は、アプリ開発者の開発プラットフォーム自体(Windows)がマルウェアに侵されており、ここからアプリにもそのマルウェアが侵入した、ということのよう。

仮にこのマルウェアを含んだアプリをインストールをしても基本的にはセキュリティーの問題はないようなので、とくに心配することではありません。

ただ、今回は結果的に無害なマルウェアですが、考え方によってはアプリ開発者自身も知らないうちにユーザーに有害なマルウェアを仕込まれてしまう可能性もある、ということ。

怖いですね・・・

ソース

 - Android 7.0, Android OS, Google Play サービス, Googleアプリ, アプリ, 脆弱性・セキュリティーバグ