速報:モトローラがMotoブランド初の「Motoタブレット」を開発中、PC風インターフェイスの「Productivity Mode」搭載

Moto Gシリーズのスマートフォンで知られるLenovoのMotoブランド(モトローラ)が新たにタブレット、「Motoタブレット」を開発中であることが明らかになりました。

Android Policeが独占情報として伝えたところによるとこの「Moto Table」には”Productivity Mode”という新機能が搭載。

201705041315

上の画像のように、アプリを画面下のナビゲーションバー上にピン留めして最小化することが可能になり、タップをするとまた開くという、まさにPCのような使い方ができる機能のようです。

ちなみにモトローラは2011年にMOTOROLA XOOMというタブレットを国内でもリリースしていますが、それ以来、約6年ぶりのタブレットということになります。

また同社がLenovoに買収された後の「Moto」ブランドとしてタブレットをリリースするのは今回が初めて。

ここ数年、タブレット市場は縮小傾向でユーザー選択肢は狭まる一方。

ましてやNexusに近いピュアなAndroid OSを搭載したタブレットは皆無の状態で、多くのユーザー(特にNexus 7ユーザー)が「タブレット難民」になっているとも聞きます。

一方、Motoシリーズ・スマホはOEMの中ではファームウェアが一番ストックAndroidに近いと言われており、アップデートも迅速。

よって、このMoto TabletもかなりストックAndoridに近い状態のファームウェア搭載になると思われ、そういった意味で非常に楽しみですね。

ソース