大量アプリで「問題が発生したので〇〇を終了します」不具合が発生中。原因はあの「開発者サービス」の最新アプデの模様

201611151031

ここ数日、複数のAndroidアプリで「問題が発生したため〇〇を終了します。」といったエラーメッセージとともにアプリが強制終了してしまうという不具合報告が大量に挙がっています。

有名どころではLINE、ツイッタ、Youtube、Chrome、プレイストアなどのアプリでの発生例が多いですが、かなり多岐にわたっており、それぞれのアプリで一斉に問題が発生したとは考えにくいです。

また、アプリを開いていない状態、つまりバックグラウンドで動作している状態でも発生することもあるようなので、メモリーの逼迫と言った原因でもなさそう。

というわけで、ちょっと調べてみたところ、この症状、どうやら11月14日に配信された「Google Play開発者サービス」の最新アプデと関連している模様。

特にAndroid 6.0向けの「Ver. 10.0.84 (448-137749526」が怪しいという印象を受けます。

Google Play開発者サービスは他のアプリと違い、自動的にアップデートがされるので自覚症状がないケースが大半。

お困りの方は以下の方法をお試しください(自己責任でお願いします)

「問題が発生したので〇〇(アプリ)を終了します」問題の対処法・直し方

対処後のリカバリーが簡単な順に並べています。

直し方①:キャッシュの削除

  1. 「設定」→「アプリ」→問題が発生しているアプリを選択
  2. 「ストレージ」→「キャッシュを消去」
  3. 「設定」→「アプリ」→「すべてのアプリ」→「Google Play開発者サービス」→「ストレージ」→「キャッシュを消去」
  4. 念のため再起動

この方法実行後に特に再設定などは必要ありません。

直し方②:データの削除

  1. 「設定」→「アプリ」→問題が発生しているアプリを選択
  2. 「ストレージ」→「データを消去」
  3. 「設定」→「アプリ」→「すべてのアプリ」→「Google Play開発者サービス」→「容量を管理」→「データをすべて消去」
  4. 念のため再起動

*注意:この方法は実行後に該当アプリおよびGoogleアカウントへの再ログインや再設定が必要になります。また、アプリの一部データが消える場合もあります。

直し方③:アップデートのアンインストール&アプリの再インストール

  1. 「直し方②」を行った後、該当アプリをアンインストール。アンインストール出来ない場合は無効化
  2. 「設定」→「アプリ」→「すべてのアプリ」→「Google Play開発者サービス」→右上のメニュー(3つのドット)→「アップデートのアンインストール」
  3.   該当アプリを再インストールもしくは有効化
  4.  再起動

*注意:この方法は実行後に該当アプリおよびGoogleアカウントへの再ログインや再設定が必要になります。また、アプリの一部データが消える場合もあります。

それにしてもこの「問題が発生したため・・・」トラブル、昨今問わず本当によく見かけます。

大元の原因がアプリ側にあるのか開発者サービスに側にあるのかは分かりませんが、どちらに原因があるにしろ、ここまで報告の多い問題なのでGoogle側も何らかの抜本的な対策をするべきだと思うのですが。