スマホのmicro SDカード対応は必要? 「非対応なら買わない」が3割。

先日発表されたGalaxy S6が初めてSDカード非対応となり、また、今年夏前後に発売されると噂のXperia Z4についても先日リークされたフレーム画像からmicro SDカードのスロットが搭載されていない可能性が高くなってきました。

それを受けてか、Android Centralがアンケートを行っていました。

「スマートフォンにSDカードスロットは必要ですか?」という質問に対して、以下が回答結果。

201503090832

「No」と答えているのが36%で、必要性を感じていない人もそこそこ多いのが意外でした。

一方、「SDカード非対応ならば買わない」とSDカード対応自体が購買判断の絶対条件である人も3割以上います。

個人的には、このスマホの外部メモリの必要性の有無は、結局、通信サービスとバッテリー持ちと深く関わっていると思います。

スマホの利用範囲が広がるにつれ、当然、アクセスするデータ量が増加します。
そして、スマホの場合、データはSDカードを含めたローカルに保存するか、クラウド上に保存するかという選択になると思います。

動画など、何ギガものデータをクラウド上に保存すると、データ通信量が大変なことになり、2GBや3GBのデータ制限などはあっという間に到達してしまいます。
また、ローカルに保存されたデータにアクセスするのと、クラウド上に保存されたデータにデータ通信やWiFIを経由してアクセスのではバッテリーの消費量に大きな違いが出ると思います。

GoogleなどはNexus機種を見れば分かるように外部メモリへの対応は非常に消極的で、できれば無くしたい、とすら思っているように感じます。
ただ、これらの通信量やバッテリー消費量の問題を総合的に解決しない限り、SDカードが不要、ということにはならないような気がしますね。