LINE、アップデートで開けない・落ちる問題を改善もトークやアプリが「消える」など新たな不具合も。

201601071601

1月7日にLINEの最新バーション、5.9.1へのアップデートが提供されました。

アップデート内容は「不具合修正」とだけ、しびれるようなシンプルさ。

LINEでは昨年12月21日のアップデート以降、アプリが起動しない・強制終了するといった報告が大量発生し、年末年始に不便な思いをしたユーザーも多かったようですが、今回のアップデートでこれらの問題は大部分で改善したようです。

一方、アプデ後も依然として開けない、あるいは今回のアップデートで新たに開けなくなった・落ちるようになったという報告もあります。

また、これとは別に:

https://twitter.com/625_matsu/status/685048048662151169

・アップデート後にLINEアプリ自体が消えた
・アップデートをしたらトーク履歴が全て消えていた
・アップデートが終わらない
・タイムラインが開けない問題が直っていない

といった報告も複数挙がっており、アプデ後もまだまだ問題は山積の模様

完璧にしろとは言いませんが、不具合を3週間放置してこの状態、というのはどうなんでしょうね。