LINE最新アプデ後もLINE通話で電源ボタンを押すと通話が切れてしまう場合の対処法

201611211011

先日、11月9日にiPhone/iOS向けにリリースされたLINEのアップデート「バージョン: 6.8.5」でLINE通話中に電源ボタンを押してスリープ状態にすると通話自体も切れてしまう、という件についてお伝えしました

そしてこの通話切れ問題への対処をするために、約1週間後にバージョン6.8.6がリリースされました。

これにて一件落着、と思われたこの問題ですが、アプデ後も何故か「電源ボタンを押すと通話が切れる」という報告は減らず

私、iPhoneをメイン機として使っておらず、てっきり先日のアップデートでこの問題は「修正」されたと思っていたのですが、どうやらこのアプデでは「対処法」を追加しただけのようです。

バージョン 6.8.6 の新機能
LINE 6.8.5でリニューアルした無料通話で、Bluetooth / スピーカー / イヤフォン使用中に電源ボタンを押すと通話が終了するiOSの問題が発見されました。
この問題が発生しない従来の無料通話画面も選択できるようにしました

つまり、問題が根本的に解決されたわけではなく、LINE通話中に電源ボタンを押しても通話が切れないようにするには「従来の無料通話画面」に切り替える必要があるということです。

方法は:

LINEの「設定」(歯車アイコン)→「トーク・通話」→「スマートフォンの基本通話と統合」をオフに

これで、LINE通話の際のインターフェイスが従来の画面に戻ります。

また、これによりiOSの電話での通話記録にLINE通話での通話記録が一緒に表示されてしまう状態も回避することが可能。

お困りの方はお試しください。