iPhoneでアップデート後にLINEが開かない・落ちる場合の直し方・対処方法(最終手段)

201512251659

iOS向けのLINEでアップデート後にアプリが開かない、落ちるというトラブル。一度くらいは経験のある方も多いのではないでしょうか。

この問題、一般的には以下の様な対処法がありますが、それぞれに問題点があります:

・再起動・強制再起動
→ほとんど効果なし

・LINEのアンインストールと再インストール
→ほぼ確実に症状は改善するものの、トーク履歴が消える

・iOS自体をバックアップから復元
→LINEアップデート直前の状態のバックアップを取っているケースは稀。よって、一部、あるいは大部分のトークが消える。

つまり、結局はトーク履歴を諦めるか、次のアップデートまで改善を待つか、という二者しか選択しがないというのが実状だと思います。

ただ、100%ではありませんが、このLINEが開かない・落ちる問題が発生した後でも、トーク履歴を失わずにLINEを「直す」方法がありそうです。

この対処法、簡単に言うと、問題が発生したLINEアップデートの「後」にバックアップを取り、それをそのまま復元するというもの。

iOSでアップデート後にLINEが開かない・落ちる場合の対処方法(最終手段)

覚悟すること:
最悪、LINEの復元がうまくいかずトーク履歴などが消える

必要な環境:
・iTunesをインストールしたパソコン
(iCloud経由でのバックアップ&復元は何かと問題が多いようなので、ここでは紹介しません)
・iOSが最新バージョン

準備:

・LINEのメールアドレスとパスワードを登録する
1. LINEの[その他]から、[設定]→[アカウント]→[メールアドレス登録]
2. 設定したメールアドレス宛てに、LINEから暗証番号が記載された登録確認メールが届くので、この暗証番号をLINEに入力し「登録」。

・PINコードを設定
1. 「その他」→[設定]→[PINコード]
2. PINコード登録画面で4桁の数字を2回入力し「OK」をタップ。

・iTunesが最新バージョンか確認
iTunesのバージョンが古いとバックアップ自体ができなかったり、問題が発生することがあります。
iPhoneをPCと繋ぐ前に、まずiTunesが最新バージョンになっているかを確認しましょう。
1. iTunesの「ヘルプ」→[更新プログラムを確認]→[バージョン情報]をクリック
2. 更新可能な場合は更新

iPhoneのバックアップと復元手順

バックアップを取る

1.iPhoneとPCを接続
2.iTunesの画面上部にある端末アイコンをクリックし、左側の「概要」を開く
3.[バックアップ]タブでバックアップ先を[このコンピュータ]に設定し、[iPhoneのバックアップを暗号化]にチェック
4. パスワードの設定画面が表示されるので、任意のパスワードを入力し、[パスワードを設定]をクリック
5.「手動でバックアップ/復元」の下にある[今すぐバックアップ]を選択し[Appのバックアップを作成]をクリック

念のため、ここで一旦iPhoneとPCの接続を解除して、iPhoneを再起動

iPhoneを初期化

1.iPhoneの「設定」>「iCloud」→「iPhoneを探す」をオフに
2. iPhoneをPCに再接続
3.iTunesの画面上部にある端末アイコンをクリックし、左側の「概要」を開く
4.「バックアップ」欄にある「バックアップを復元」を選択
5.バックアップデータの日時を確認し、「復元」を選択

これ、バックアップ前のiPhone内のデータとまったく同一のデータを再度焼直しするという作業なので、一見なんの意味があるのか分かりません。

が、どういう理屈か、何故かこの方法で少なくとも知人のiPhone 6ではLINEの起動に成功しました。

ただ、実例はこの一件だけなので、実際にどの程度の効果があるのかはまだ未知数です。

なお、しつこいようですが失敗をする可能性も十分にあり、あくまで「最悪LINEのトーク履歴が消えてもいい」という覚悟がない場合はおすすめしません

また、復元されるのはLINEだけではなく、iOS全体なので、他のアプリやデータに問題が発生する可能性も十分あります。

ただ、トーク履歴を諦めてアプリの再インストールをするつもりならば、その前に一度試してみる価値はあると思います。