iPhone 6s/6s Plusの11つの特徴・最新情報まとめ-RAMは2GB、新色追加、サファイアガラスなどなど

201505120821

今年の秋にリリースされることがほぼ確定していると言っても過言ではない「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」。
MacRumorsがこれらの機種についてのiPhone 6/6 Plusからの変化・進化点や特徴についてまとめていました。

KGI 証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が投資家向けに公開したもので、特徴は以下のとおり:

1.フォースタッチ(感圧タッチ)機能が最大のアップグレード点であり、セールスポイント。
ただ、サプライチェーンがボトルネックに。
フォースタッチにより、手描きのサイン入力など、入力方法の幅が広がり、ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる。

2. スクリーンサイズは4.7インチと5.5インチで据え置き。
画面解像度にも変更はなし

3. カラーバリエーションにピンクゴールドが追加。

4. カメラのピクセル数は12MPにアップグレード

5. 音声クオリティー向上のため、スピーカー近くにマイクを追加

6. A9プロセッサー搭載でメモリは2GB LPDDR4

7.  鋳造素材と構造を変更することで、「折れ曲がり問題」を改善

8. 落下テストで問題がなければ一部のiPhone 6s Plusにはサファイアガラスを採用

9. Apple Pay普及のため、Touch IDの認証レートを向上

10. ジェスチャーコントロール対応

11. 大量生産は8月後半に開始。2015年の出荷台数見込みは8,000-9,000万台。6sと6s Plusの売上比率は2:1

もちろんこれはまだ予想の域ですが、Kuo氏は過去のアップルの新製品についての予想レポートに定評があるアナリストだとのこと。
どこかに独自のソースを持っているのかもしれませんね。