iPhone SEのバッテリー容量が判明。1624mAhでiPhone 5Sから微増

201603311122

昨日発売開始となった新型4インチiPhoneの「iPhone SE」。

外観的にはほぼiPhone 5Sと全く同じという新モデルですが、スペック面では大幅なスペックアップがされています。

そんなiPhone SE、気になるバッテリー容量も判明、1624mAhの容量を搭載しているようです。

(6.21Whr/3.82Vだと、約1626mAhなので、どういった計算方法にズレがあるようですが、ほぼ一致)

一方、iPhone 5sのバッテリー容量は1560mAhとのことなので、iPhone SEは5sよりも4%ほど電池容量が大きい、ということになります。

ちなみに、以下がiPhone SE、iPhone 6、iPhone 5sのそれぞれのバッテリー容量と仕様可能時間を比較したもの。

Apple
iPhone SE
Apple
iPhone 6s
Apple
iPhone 5s
Audio*505040
Video*131110
Wi-Fi browsing*131110
LTE browsing*131010
3G browsing*12108
3G talk*141410
Battery capacity1624 mAh1715 mAh1560 mAh

ご覧のように、iPhone SEはバッテリー容量こそ5Sから数%しかアップしていませんが、実際の仕様可能時間は3~4割増しとなっており、使用方法によってはSEよりも大きなバッテリーを搭載しているiPhone 6Sすらも上回っています。。

なお、上の画像を見る限り、iPhone SEとiPhone 5sのバッテリーはサイズ的には全く同じ大きさに見えますが、おそらくバッテリー技術の向上により同じ大きさでもより多くの容量を積めるようになったのでしょう。

ソース