2018年版iPhone、カメラ画素数は12MP超えに

201709051013

iPhoneと言えば、今月中旬に発表されるiPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plusが話題の中心ですが、一部ではすでに次期モデルとなるiPhone 8s?の情報が出回っているようです。

Apple Insiderが伝えたもので、これによると来年リリースの2018年版iPhoneのカメラは画素数が12MP超えになるとのこと。

具体的にどれくらいのMPになるのかは不明ですが、iPhoneはiPhone 6→iPhone 6sで画素数を8MP→12MPへアップしiPhone 7/7 Plusでも据え置きでした。

スマホのカメラは一時期は各メーカーが競って世代ごとに画素数をアップする時期がありましたが、現在は20MP前後で小康状態。

よって、個人的にはこの2018年版iPhoneのカメラも16MPあるいは18MPくらいかな、という感じがします。

ソース