iPhone 7sはガラスボディーに回帰か。軽量AMOLDで重量はオフセット

201604180834

今年秋にリリース予定の「iPhone 7」。

最近少しずつリーク情報が増えてきている感じがしますが、この次のモデルとなる「iPhone 7s」についても興味深い情報が出てきています。

iPhoneについての事前予想・リーク情報でお馴染みのKGI Securitiesアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、2017年発売のiPhoneはAMOLDディスプレイだけでなく、ボディーがガラス製になる可能性が高いとのことです。

iPhoneはかつて、iPhone 4/4sでガラス製のバックパネルが採用されていましたが、もしこれが事実なら5年ぶりにガラス製ボディーが復活するということになります。

ちなみにiPhone 7ガラスのボディーは現在のアルミボディよりも重くなるものの、2017年から採用されるAMOLDが従来のLCDディスプレイよりも軽くなるため、これにより全体の重量はオフセットされるとのことです。

無印→Sはスペック向上がメインで外観的な変化はあまりない、というのが通例ですが、iPhone 7→iPhone 7sではかなり大きなデザイン変化がありそうですね。

コメント

  1. 名無しのプログラマー より:

    今は現実世界だとiPhone使用者のほうが多く、ネット世界だとiPhone叩きのほうが多い状況だけど、今後はネット社会でもiPhone押しの声のほうが強くなると思う。

    それほどまでにAndroidの魅力が薄れている。

  2. 名無しのプログラマー より:

    少し調べれば分かることですが現実世界ではダントツでAndroid使用者のほうが多いです。
    日本ではiPhone使用者のほうがはるかに多く見えますがそれでもデータ的にはAndoridとほぼ互角のシェア率です。