「iPhone 7」の2GB RAMと「iphone 7 Plus」の3GB RAM、メモリ容量の違いによるパフォーマンス比較。

201609201029

先日リリースされたiPhone 7およびiPhone 7 Plus。

両者の間にはサイズはもちろんのこと、カメラ性能などの違いがありますが、最大の違いはメモリ容量。

iPhone 7は2GB RAM、iPhone 7 Plusは3GB RAMと、無印とPlusでメモリ容量に違いがもうけられたのはiPhon 6/6 Plus以来初めてです。

この違いは実際の動作パフォーマンスにも影響をあたえると思われ、これについての比較動画が掲載されていました。

Safariで大量のタブ(24個)を開き、一覧画面から順番にタブを開いていくというもの。

科学的な比較検証ではありませんが、複数のタブを開くとiPhone 7の方が各ページが表示されるのに一瞬ラグがあるのが分かります。

これはRAMに保存できるキャッシュサイズの差がでているためと思われます。

横に並べて見比べなければ、実使用で気になる程の差はないように思えますが、2GBと3GBで確かに動作に違いはでるようですね。