iPhone 7はiPhone 6sよりも若干「チビデブ」?になることが判明。iPhone 6/6s用ケースの転用は不可の模様。ミリ単位のスケマティックがリーク

最近リーク情報が急増しているiPhone 7。

この次期新型iPhoneのミリ単位でのサイズが判明したようです。

以下がiPhone 6sとiPhone 7のサイズを比較したもの。

201607061528

大手のアクセサリーメーカーからリークされたスケマティック(概略図)とのことなので、かなり信ぴょう性は高いのではないでしょうか。

厚みは増していますが、横幅は短くなっているので、厳密には「チビデブ’ではないですね。

ただ、いずれの差も0.0Xミリ単位のものなので、実使用で差を感じることはほぼないと思われます。

ちなみにiPhoneはiPhone 6→6s→7のサイズの変化は:

厚み:6.9mm→7.1mm→7.15mm
縦幅:138.1→138.3mm→ 138.29mm
横幅:67.0mm→67.1mm→67.06mm

こんな微妙なサイズ差なら一層のこと同じサイズで統一すればいいのに、と思うのは私だけでしょうか。

ただ、以下の画像ではiPhone7ではカメラ・レンズの位置やサイズがiPhone 6s/6とは大きく異なっています。

201607061534

201607061530

また、イヤフォンジャックも廃止されることがこの画像からも確認できるので、仮にサイズが同じでもiPhone 6/6sのケースを転用、というのはできなさそうですね。

ソース