iPhone 7 Plus、16GBストレージ容量は継続。最大容量は256GBに。

201605212124

最近徐々にリーク情報が増えてきている「iPhone 7 Plus」。

この新型iPhoneについては新たな情報が出てきました。

有名リーカーの@OnLeaksが伝えたもので、これによると、iPhone 7 Plusのストレージ容量は16GB、64GB、256GBというラインナップになるとのことです。

冒頭の画像はiPhone 7 Plusに搭載されると言われているデュアル・カメラのモジュールとともに写っているFlashメモリだと思われ、拡大すると文字部分の2行目にそれぞれ「016G」「064G」「256GB」と印刷されています。

201605212126

なぜサイズが異なるのか?や、4.7インチのiPhone 7がどうなるのか?など、謎も多くありますが、256GBストレージは事実ならばiPhone 6s Plusからの大きなスペックアップ点になりますね。

一方、最小ストレージ容量については16GBで据置き。これについてはこの新型モデルのガッカリポイントとなりそう。

ご存知のように、iPhoneのストレージ容量はiPhone 6/6 Plusから16/64/128GBとなっています。

「なぜ32GBではなくすぐに容量不足となる16GBなのか?」という点については以前より不満の声も多く、これについて一部では64GB以上の選択やCloudの有料サービスの利用を半強制的に促すための戦略では?といった憶測もでています。

アプリのサイズ増大など、スマホに保存されるデータは増える一方。

いくらクラウド化が進んでいるとはいえ、ハイエンド機種でストレージ16GBというのはいささか時代遅れの感は否めませんね。