iPhone 7のボディーは「非金属」素材になる模様。サプライヤ・チェーンがリーク

201509012212

iPhoneといえば現在、9日に発表予定のiPhone 6s/6s Plusに注目が集まっていますが、一部ではすでにその次期iPhone、「iPhone 7」についての話題が挙がってきていようです。

順当に行けば来年の9月にリリースされることになるiPhone 7ですが、どうやらこの「次次期」iPhoneの本体には従来とは違う素材が使われる可能性が高いようです。

WCCF TECHがサプライチェーンから得た情報として伝えたもので、これによると、iPhone 7のボディーには従来のアルミではなく、なんらかの非金属が採用されるとのこと。

ただ、金属の代わりにどういった素材が使われるのかは不明だとのこと。

iPhone 6s/6s Plusでは7000シリーズ・アルミが使われ、以前よりも強度が約3倍になったと言われています。

非金属でこれを上回る強度の素材の使用が可能になった、ということなのでしょうか。

アップルは現在、セラミック金属やリキッドメタルなどの特許を取得していますが、こういった素材が使われる可能性もありますね。