「iPhone 7」と「7 Plus」は大きく差別化?サイズ以外のハード面での3つの大きな違い

201606061033

iPhone 6/6 PlusもiPhone 6s/6s Plusも最大の違いは4.7インチと5.5インチというそのサイズであって、その他の機能面での差はマイナーなものでした。

しかし、今秋にリリース予定のiPhone 7とiPhone 7 Plusでは両者の間にかなりメジャーなハード面での違いがあるようです。

シングル vs デュアル・カメラ

9TO5 MacがリークしたiPhone 7/7 Plus向けケースのレンダリング画像によると、iPhone 7はレンズサイズこそ前モデルより若干大きくなるものの、カメラ・レンズは一つ。

一方、iPhone 7 Plusはデュアル・カメラ搭載となっています。

スマートコネクタの有無

iPhone 7/7 Plusでのスマートコネクタ搭載の噂は以前よりありましたが、これについても「iPhone 7 Plus」のみ限定で搭載されるようです。

2GB vs 3GB RAM

これは比較的新しいリーク情報ですが、iPhone 7 Plusは前モデルからRAMが1GB増量、3GB RAMが搭載されるようです。

一方、iPhone 7の方は据置きの2GB RAM。

3GB RAMはAndroidモデルでは当たり前のメモリ容量ですが、この7と7 Plusのメモリの差が実際のパフォーマンスにどういった影響を与えるのかが気なるところです。

いままで「大きさ」以外に機能面での大きな違いがなかったiPhoneと「plus」、iPhone 7/7 Plusからはサイズ以外にも顕著な差別化をはかるようですね。

ソース