iPhone 7/7 Plusのチップノイズ問題、原因は不良コンデンサの可能性。

先日お伝えしたiPhone 7/7 Plusの一部で発生しているノイズ・異音問題。

具体的にはiPhone 7/7 Pllusでゲーム中やアプリのアップデート、バックアップなどCPUチップに高負荷がかかる動作をしている際に端末内部よりノイズ音が聞こえてくるというもの。

今回、phoneArenaがこの問題の原因について一つの仮説を立てていました。

上の画像はiPhone 7のCPUチップやモデムなどと言った様々なチップが搭載されているマザーボード(基盤)。

そして、同サイトによると今回のノイズの発生源これらのチップではなく、その間に無数にあるコンデンサにある可能性が高いとのこと。

コンデンサとは簡単に言うと電気を蓄えたり放出したりする電子部品で、これを使っていない電子機器は皆無といっても過言でないほど一般的なパーツ。

そして、iPhone 7/7 Plusの一部個体ではこのコンデンサに比較的大きい電流が流れた際にノイズを発生させている模様。

ただ、元記事自体もこれがいわゆる「不良コンデンサ」によるものなのか、使用範囲内の個体差なのかは不明とのこと。

今のところ、この件についてアップルからの公式なコメントなどは得られていませんが、なにか進展があり次第、またお伝えします。

コメント

  1. 通りすがり より:

    使用範囲ではなく、仕様範囲では?