iPhone 7、初の「信頼できる」外観リーク。アンテナバンドは「一部」撤廃。出目金レンズはフラットに

iPhone 7について初めて信頼性の高いと思われる具体的な外観についての情報がリークされたようです。

MacRumorsが伝えたもので、基本的にはiPhone 6/6sと似たデザインになるとのこと。

「過去に正確な情報している信頼できるソース」からのリークらしいので、かなり信ぴょう性は高そうです。

201602021523

この画像はリーク情報を基に同サイトが作ったと思われるレンダリング画像。

ご覧のように、iPhone 6/6sでお馴染みの裏面の「一部」アンテナバンドが無くなっています

以前より、iPhone 7ではiPhone 6/6sシリーズの裏面アンテナバンドが無くなるという噂はありましたが、なるほど。。。

完全にバンドが無くなるわけではなく、裏面のエッジ部分にだけアンテナを配置するということのようですね。

また、裏面カメラについても、iPhone 6/6sとは異なり、レンズ部分の出っ張りがなく、バックパネル全体が完全にフラットになる模様。

アンテナバンドとカメラの出っ張りはiPhone 6/6sのデザイン面で非常に評判の悪い部分なので、この2点を改善する、というのは多くのユーザーにとって嬉しい変化ではないでしょうか。

その一方で、6→7というメジャーアップグレードなので、もっと大規模なフルモデルチェンジを期待しているユーザーもいると思われます。

そういったユーザーにとっては今回の情報はちょっと残念なニュースでもあるかもしれません。