イヤフォンジャックのない「iPhone 7」のデザインが非常にカッコ良くなる件

201512231131

iPhone 6s/6s Plusの話題が一巡し、ネット上では次期iPhoneの「iPhone 7」についての噂や推測が出まわっていますね。

その一つがiPhone 7ではイヤフォンジャック自体が無くなる、という可能性について。

もちろんこれはまだ噂レベルの情報ですが、iPhone 7は現行モデルよりさらなる薄型化を予定しており、そのためにはこのイヤフォンジャックがネックと言われています。

そんな中、ドイツのデザイナー、Eric Huismann氏がこのイヤフォンジャックのない「iPhone 7」のコンセプト画像を公開していました。

201512231132

201512231134

201512231134

201512231135

イヤフォンジャックのない本体もいいですが、イヤフォン自体もなんかカッコ良くみえますね。

ただ、私が見た噂情報では、iPhone 7ではLightning端子がイヤフォンジャックを兼ねるということで、イヤフォン自体がワイヤレスになる、というのはおそらくこの製作者のアイデアだと思います。

あとは、あの悪評高き端末裏面のボダー部分(通称「アンテナライン」)がないだけでこんなに変わるんですね。

樹脂製のこの部分、電波を遮断するアルミボディーでは電波を唯一通す部分としてどうしても必要と聞きます。

ただ、アップルは電波を遮らない新アルミ素材を開発したという噂や、iPhone 7ではボディーが非金属素材になるという情報もあります。

なので、そういった意味で実際のiPhone 7がこのコンセプト画像に近いデザインになる可能性は十分にあるような気がします。